北海道ブランド米・ゆめぴりかを通販お取り寄せ!ほど良い粘りと甘み!

MENU

北海道米の最高峰として知られる「ゆめぴりか」。その誕生の背景には、かつて「やっかいどう米」と揶揄された北海道米の苦難の歴史があります。厳しい気候条件と戦いながら、品種改良と栽培技術の向上に心血を注いできた生産者たちの努力の結晶が、この「ゆめぴりか」なのです。

本記事では、ゆめぴりかの特徴や味わい、おいしく炊くコツなどを詳しく解説します。北海道の大地が育んだ極上の一粒を、ぜひご家庭でもご堪能ください。

さらに、ゆめぴりかを使った絶品レシピもご紹介。ごはんのお供からおにぎり、アレンジ料理まで、バラエティ豊かなメニューが勢ぞろいです。

ゆめぴりかの魅力を余すことなくお伝えできれば幸いです。それでは、ゆめぴりかの美味しさの秘密に迫っていきましょう。

ゆめぴりかの特徴

甘みと粘りが際立つ理由

ゆめぴりかは、お米の中でも特に低アミロース米品種に分類されます。アミロースとは、お米に含まれるでんぷん質の一種で、含有率が低いほど粘りが強くなる特性があります。

ゆめぴりかは、一般的なうるち米と比べてアミロース含有率が低く、その分、もう一方のでんぷん質であるアミロペクチンの割合が高くなっています。アミロペクチンは、お米を炊飯した際の粘りに大きく関与しており、これが、ゆめぴりかのモチモチとした食感と、口の中に広がる自然な甘みを生み出しているのです。

また、ゆめぴりかは、炊き上がりの見た目も非常に美しいことで知られています。粒の表面に透明感のある艶やかさがあり、まるで雪のようにキラキラと輝いて見えます。この特徴的な外観も、ゆめぴりかの人気を支える要因の一つとなっています。

北海道米の技術の集大成

ゆめぴりかは、北海道の米作りの歴史の中で、品種改良を重ねて完成した最上級のブランド米です。かつて北海道は、寒冷な気候と泥炭地が広がる土壌条件から、お米の栽培には不向きな土地柄だと考えられていました。しかし、明治時代以降、多くの先人たちの努力によって、徐々に北海道でもお米が作られるようになっていきます。

特に、ゆめぴりかの主産地である上川盆地は、お米の名産地として知られています。この地域一帯では、広大な水田が広がり、質の高いお米が生産されています。その中でも「空知エリア」と「上川エリア」は、ゆめぴりかの二大産地として、北海道のお米作りを牽引しています。

ゆめぴりかが誕生したのは、2006年のことです。当時の北海道立上川農業試験場が中心となって品種開発が進められ、10年以上の歳月をかけて、ようやく実用化にこぎつけました。その間、数え切れないほどの交配と選抜が繰り返され、寒冷地でも栽培できる強健さと、北海道米の最高峰に相応しい食味を兼ね備えた品種として、ゆめぴりかは完成したのです。

14年連続特Aの実績

ゆめぴりかは、日本穀物検定協会が毎年実施している「米の食味ランキング」で、最高ランクの「特A」を14年連続で獲得しています(令和5年産米まで)。この食味ランキングは、専門の検査員が実際に炊飯したご飯を食べ比べて、味や粘り、硬さなどを評価する官能検査によって決定されます。

特Aランクは、「特に良好なもの」と定義され、基準となるお米よりも際立って美味しいと評価された品種だけが与えられる称号です。ゆめぴりかは、北海道米の代表的な品種である「ななつぼし」や「ふっくりんこ」と並んで、この最高ランクに君臨し続けています。

また、ゆめぴりかは、食味ランキングの絶対的な基準とも言える、新潟県魚沼産の「コシヒカリ」と同等の評価を得ています。コシヒカリは、日本を代表する高級ブランド米として広く知られていますが、ゆめぴりかは、そのコシヒカリに匹敵する美味しさを持つことが、客観的にも証明されているのです。

ゆめぴりかの栽培背景

北海道の寒冷な気候との闘い

北海道は、日本の最北端に位置し、冷涼な気候が特徴です。稲作には不向きな環境であると長年考えられてきました。しかし、「ゆめぴりか」は、そんな厳しい気象条件にも負けない強靭さを持ち合わせています。寒さに強いだけでなく、病気にも強い品種として知られており、北海道の大地に根付いた特別な存在と言えるでしょう。

北海道の米作りには、「深水かんがい」という特殊な水管理技術が用いられています。これは、冷たい気温から稲を守るため、通常よりも深く水を張る方法です。ダムやため池の水は、太陽の光で温められ、6月や7月の気温よりも高い20度前後に保たれます。この温かい水に守られながら、ゆめぴりかは寒さを乗り越え、すくすくと育っていくのです。

品種改良の歴史

「ゆめぴりか」は、品種改良を重ねて誕生したお米です。その歴史は、1997年に遡ります。当時の北海道立上川農業試験場が中心となって交配が行われ、「上育453号」という名前で開発が進められました。その後、10年以上の歳月をかけて試行錯誤が繰り返され、ようやく実用化にこぎつけたのです。

品種改良では、「ほしたろう」と「北海287号」という2つの品種の長所を引き継ぐことが目指されました。「ほしたろう」は多収性と病気への強さ、「北海287号」は低アミロース性による粘りの良さが特徴でした。この2つの利点を兼ね備えた品種を作り出すことで、北海道米の新たな可能性を切り拓こうとしたのです。

生産者のこだわり

「ゆめぴりか」の美味しさを支えているのは、生産者の並々ならぬこだわりです。化学肥料や農薬の使用を最小限に抑え、有機肥料をたっぷりと使って育てる農家も少なくありません。例えば、「天然有機肥料のアミノサン」を使うことで、お米の旨味と甘味を引き出し、さらに耐病性も高める効果が期待できるそうです。

また、減農薬栽培や無農薬栽培に取り組む生産者も存在します。化学的な資材に頼らず、自然の力を最大限に活用することで、安全で美味しいお米を追求しているのです。このような生産者の情熱と技術があってこそ、私たちの食卓に最高級のゆめぴりかが届けられているのですね。

ゆめぴりかを楽しむレシピ

シンプルに味わう白米の炊き方

ゆめぴりかは、北海道の寒冷な気候に適応した品種改良の結果生まれた、甘みと粘りが際立つお米です。その特徴を最大限に活かすには、シンプルに白米として炊いて味わうのがおすすめです。

ゆめぴりかを美味しく炊くポイントは、研ぎ方と水加減にあります。まず、お米を手早く研ぎ、ザルに上げて30分程度置いてから炊飯器に入れましょう。水加減は、通常より少なめにするのがコツです。目安は1合につき大さじ1杯程度減らすことです。

炊き上がったら、すぐにごはんをほぐし、余分な水分を飛ばすことで、ふっくらとした食感に仕上がります。ゆめぴりか本来の甘みと粘りを存分に味わえる、極上の白米のできあがりです。

ゆめぴりかを使ったおにぎりレシピ

ゆめぴりかは冷めても甘みと粘りが残るため、おにぎりにするのに最適なお米です。中でも、鮭と枝豆を具材にした北海道風のおにぎりは、ゆめぴりかの味わいをさらに引き立ててくれるでしょう。

おにぎりを作る際は、ゆめぴりかを少し硬めに炊き、具材と一緒にラップに包んでふんわりと握るのがポイントです。海苔は食べる直前に巻くと、パリッとした食感が楽しめます。

ゆめぴりかのもっちりとした食感と、鮭のコクのある旨み、枝豆の甘みが見事に調和した、北海道ならではのおにぎりを、ぜひ味わってみてください。

特別な日におすすめのゆめぴりか料理

ゆめぴりかは、その特徴的な味わいを活かしたアレンジ料理にも挑戦してみる価値があります。例えば、北海道名物のザンギを、ゆめぴりかの米粉を使って作ると、外はカリッと、中はジューシーな食感が楽しめます。

また、ゆめぴりか100%のグルテンフリーホットケーキは、小麦アレルギーの方にもおすすめのスイーツです。ゆめぴりかの米粉を使うことで、ふわふわ&もちもちの新食感が味わえます。

特別な日のおもてなし料理や、家族で楽しむ週末のブランチなどに、ゆめぴりかを使った一工夫を加えてみてはいかがでしょうか。いつもとは一味違った、ゆめぴりかの魅力を発見できるはずです。

通販でゆめぴりかを購入するメリット

産地直送の鮮度と品質

通販でゆめぴりかを購入する最大のメリットは、産地直送ならではの鮮度と品質の高さです。多くの通販サイトでは、契約農家から直接仕入れたお米を、注文を受けてから精米し、新鮮な状態で発送しています。これにより、店頭に並ぶお米よりも鮮度が高く、品質の劣化が少ないお米を手に入れることができます。

また、通販サイトでは、栽培方法や品質管理に徹底的にこだわる生産者のお米を厳選して販売しています。例えば、農薬や化学肥料の使用を抑えた特別栽培米や、有機JAS認証を取得した有機栽培米など、安心・安全にこだわったお米を選ぶことができます。このように、通販では、自分の好みや価値観に合った高品質のゆめぴりかを入手しやすいのです。

豊富なラインナップと選び方

通販サイトには、様々な産地や生産者のゆめぴりかが揃っており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。例えば、北海道の中でも特に品質の高いとされる「空知エリア」や「上川エリア」産のゆめぴりかを選んだり、自然豊かな環境で丹精込めて育てられたお米を選んだりと、産地や栽培方法にこだわることができます。

また、通販サイトでは、食味値や価格など、様々な指標を基に商品を比較することができます。食味値は、お米の味や香り、粘りなどを総合的に評価した指標で、数値が高いほど美味しいお米とされています。自分の好みに合った食味値のお米を選んだり、予算に合わせて価格を比較したりと、自分に最適なゆめぴりかを見つけやすいのです。

ギフトや特別な用途にも最適

ゆめぴりかは、その美味しさと品質の高さから、ギフトや特別な用途にも最適です。多くの通販サイトでは、贈答用のパッケージや、のし紙への対応も行っています。大切な人への贈り物や、結婚式の引き出物など、特別な日のお米として選ぶことができます。

また、ゆめぴりかは、炊き上がりの見た目も美しく、ツヤツヤとした輝きがあります。特別な日の食卓を、より華やかに彩ってくれるでしょう。

まとめ

この記事では、北海道が誇る特A連続受賞の銘柄米「ゆめぴりか」について、その特徴や魅力を詳しくご紹介してきました。粘りが強くもちもちとした食感、口いっぱいに広がる甘み、つややかな見た目など、ゆめぴりかならではの特性は、まさに北海道米の集大成と言えるでしょう。

美味しく炊くコツをマスターすれば、さらにゆめぴりかの味わいを堪能できます。水加減や浸水時間など、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、誰でも極上の一膳に出会えるはずです。

また、ゆめぴりかを使った様々なレシピにも挑戦してみてください。シンプルな白米から、おにぎり、アレンジ料理まで、その可能性は無限大。北海道の恵みを存分に味わえる逸品揃いです。

ゆめぴりかを通して、北海道米の素晴らしさを実感していただければ幸いです。ぜひ、ご家庭の食卓に上品な彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

MENU