甘い大人気!とうもろこし甘々娘を通販お取り寄せ!美味しい食べ方とは…

MENU

初夏の訪れとともに、とうもろこしの季節がやってきました。中でも、今や全国的に有名になった「甘々娘」をご存知でしょうか。その名の通り、驚くほど甘くてジューシーな、まるでフルーツのようなとうもろこしなのです。

しかし、その人気ゆえに、産地近くの直売所でも入手が困難な「幻のとうもろこし」と呼ばれるほど。でも、今では農家から直接通販でお取り寄せできるようになりました。

収穫したての新鮮な甘々娘を、最先端技術で鮮度と甘さをキープしてお届け。生でも食べられるほどみずみずしく、粒皮が薄いのが特徴です。

この機会に、ぜひ甘々娘を味わってみませんか。一度食べたらやみつきになる、極上の甘さをご堪能あれ。大切な方への贈り物にもおすすめですよ。

とうもろこし 甘々娘 の特徴

フルーツのような驚きの甘さ

甘々娘は、その名の通り段違いの甘さが特徴のとうもろこしです。糖度は15度以上あり、平均で18~20度にもなります。これはメロンやパイナップルといったフルーツと同等の甘さです。そのため、スイーツコーン、フルーツコーンなどとも呼ばれています。

一口かじると、みずみずしい果汁があふれ出し、口いっぱいに広がる甘味に驚かされます。生でも十分に甘いのですが、茹でたり焼いたりするとさらに甘みが引き立ち、より一層美味しく食べられます。まさに果物のようなとうもろこしと言えるでしょう。

新鮮なうちに生で食べるのがおすすめ

甘々娘のもう一つの大きな特徴は、粒皮が薄く柔らかいため、収穫したての新鮮なうちは生でも食べられることです。通常のとうもろこしは皮が硬いので生では食べられませんが、甘々娘は皮ごとかぶりつけるのが醍醐味です。

特に、朝採りの新鮮なものは水分と糖度が最高の状態なので、そのまま生で味わうのがおすすめです。シャキシャキとした食感と、フレッシュな甘みを存分に楽しめます。

ただし、とうもろこしは収穫後時間が経つと鮮度が落ち、甘みも失われていくので、購入後はなるべく早めに食べるのがポイントです。すぐに食べきれない場合は、温かいうちにラップに包んで冷蔵保存するのが良いでしょう。

希少価値が高い幻のとうもろこし

甘々娘は、その強い甘みと生食できる特性から大人気のとうもろこしですが、実はかなり希少価値が高いのです。

甘々娘の種は発芽率が悪く、栽培が難しいと言われています。そのため作付けする農家が少なく、出荷量が限られています。また、収穫時期が6月頃の約1ヶ月と短いことも、希少価値を高めている要因の一つです。

そのため、甘々娘は「幻のとうもろこし」とも呼ばれ、市場にはあまり出回らず、農家の直売所などでも入手が困難なほどの人気ぶりです。早朝から直売所に並んでも買えないことも珍しくありません。

この希少性の高さも、甘々娘の魅力の一つと言えるでしょう。せっかくの旬の時期に、運良く手に入れることができたら、ぜひ味わってみてください。他のとうもろこしとは一線を画す、極上の甘さを堪能できるはずです。

とうもろこし 甘々娘のおすすめ食べ方

茹でるだけで十分に美味しい

甘々娘は糖度が15度以上あるとても甘いとうもろこしで、その甘さを最大限に味わうには茹でるのが一番おすすめの食べ方です。皮付きのまま、たっぷりの湯で3分ほど茹でるだけで、甘々娘本来の甘みを堪能できます。

茹で上がったら、熱いうちに薄皮をむいて、塩を振ってかぶりつくのが定番の食べ方。粒皮が薄いので歯切れがよく、みずみずしい果汁があふれ出します。シンプルな味付けで、まるでフルーツを食べているかのような贅沢な味わいが楽しめます。

生でも食べられる

甘々娘は粒皮が薄く柔らかいため、収穫したての新鮮なうちは生でも美味しく食べられるのが特徴です。朝採りの新鮮な甘々娘なら、そのまま皮をむいて生で食べるのがおすすめ。シャキシャキとした食感と、フレッシュな甘みを存分に味わえます。

ただし、とうもろこしは収穫後時間が経つと鮮度が落ち、甘みも失われていくので、購入後はなるべく早めに食べるのがポイントです。生で食べる場合は特に、新鮮さが命と言えるでしょう。

バター醤油で香ばしく

甘々娘は茹でるだけでも十分美味しいですが、バターと醤油で焼くと、また違った魅力が引き出せます。バターのコクと醤油の香ばしさが加わることで、甘々娘の甘みがさらに引き立ちます。

フライパンにバターを溶かし、皮をむいた甘々娘を焼きます。全体に火が通り、きつね色になったら醤油を回しかけて絡めるだけ。とてもシンプルですが、甘じょっぱい味わいがクセになる一品です。おつまみにもおすすめですよ。

炊き込みご飯で甘み際立つ

甘々娘をたくさん手に入れたら、ぜひ炊き込みご飯にしてみてください。とうもろこしの甘みが米に染み渡り、ご飯がどんどん進む絶品の炊き込みご飯になります。

作り方は簡単。お米を研いだら、白だしと酒を加えて水加減し、そこに甘々娘の粒を加えて炊くだけ。とうもろこしの量は多めにするのがおすすめ。芯も一緒に炊くと、より香りが引き立ちます。

炊き上がったら、いりごまやバターを加えて混ぜると、風味も食感もアップ。とうもろこしの甘みたっぷりの、夏にぴったりの炊き込みご飯の完成です。

他にもいろいろアレンジ

甘々娘は、他にもいろいろな料理にアレンジできます。コーンスープ、コーンチャウダー、かき揚げ、かき玉汁など、とうもろこし料理の定番メニューはもちろん美味しく作れます。

サラダに加えたり、ピザやパスタの具材にしたりするのもおすすめ。甘々娘の甘みが料理に深みを与えてくれます。また、おやつ感覚で食べられるよう、天ぷらにしたりチーズと一緒に焼いたりするのも美味しいですよ。

通販でお取り寄せできる幻のとうもろこし 甘々娘

農家直送だから新鮮さが違う

「幻のとうもろこし」と呼ばれる甘々娘は、その名の通り驚くほど甘くて美味しいとうもろこしです。しかし、栽培が難しく出荷量が限られるため、市場にはあまり出回らず、農家の直売所などでも入手が困難なほどの人気ぶりなのです。

でも、今では農家から直接通販でお取り寄せできるようになりました。産地直送だから、収穫したての新鮮な甘々娘を味わえるのが魅力です。

最先端技術「オーラパック」で鮮度と甘さをキープ

とうもろこしは収穫後、時間が経つと鮮度が落ち、せっかくの甘みも失われてしまいます。特に甘々娘は、その甘さが命ともいえるのですが、長距離輸送に向いていないのが難点でした。

そこで、通販では最先端技術の特殊フィルム「オーラパック」を使用しています。オーラパックで1本ずつ丁寧に梱包することで、収穫後1時間以内の鮮度を保ったまま発送できるようになったのです。

遠方に住んでいても、まるで畑で収穫したての甘々娘を食べているかのような、フレッシュな甘さを堪能できるのは嬉しいですよね。

贈答用にも喜ばれる、希少価値の高い甘々娘

甘々娘は糖度18~20度にもなる、まさにフルーツのようなとうもろこしです。生でも食べられるほど粒皮が薄く、口いっぱいに広がるジューシーな甘みは感動的ともいえます。

そんな味わい深い甘々娘は、贈答品としても喜ばれること間違いなしです。大切な方へのお中元や、なかなか会えない遠方の家族へのギフトにもおすすめですよ。

市場に出回ることが稀な、希少価値の高い甘々娘を贈れば、きっと喜んでもらえるはずです。もちろん、自分へのご褒美にもぴったりですね。

旬の時期にお取り寄せするのがおすすめ

甘々娘が収穫できるのは、6月頃の約1ヶ月と短い期間だけです。この旬の時期にお取り寄せするのがおすすめ。予約受付は5月頃から始まることが多いようです。人気商品のため、売り切れてしまう前に早めの注文がポイントですよ。

通販なら、いつでも好きなタイミングで注文できるのも嬉しいところ。ぜひ、この機会に幻のとうもろこし「甘々娘」を味わってみてくださいね。一度食べたらやみつきになる、その甘さと美味しさを存分に堪能できるはずです。

MENU